50代の婚活事情

2024年1月22日

婚活応援キャンペーン

現在、45~55歳の素敵な男性・女性のための婚活応援キャンペーンを開催中!
実績豊富なカウンセラーがあなたの理想のパートナーを見つけるお手伝いをします。
詳しくは、お電話またはお問い合わせフォームからご連絡ください。

50代の婚活は難しい?
~生涯のパートナーを求めて~

晩婚化が進み生涯未婚率が上がり続ける現代において、「50代独身」という方はめずらしくありません。離婚を経験して、現在独身の方も多くいらっしゃいます。そんな独身の50代の方の本音は「残りの人生を一緒に過ごせるパートナーが欲しい。」「残りの人生を1人で過ごすのは寂しい。」「ずっと独身でいいと思っていたけど、今になって結婚したくなった。」などが多いです。50代で様々なライフイベントを経験して、それをきっかけに結婚したいと思いたつ方も少なくありません。
今後の人生で一緒に趣味や旅行を楽しむ相手が欲しい方もいれば、老後を1人で寂しく死んでいくことに不安を覚える方もいます。50代の婚活には「誰か一緒にいてほしい」という気持ちが根底にあります。
50歳という人生の折返し地点を過ぎた今、素敵なパートナーと自然に出会い、そのまま交際、結婚へと進むのはなかなか難しいです。そのため、自然な出会いのチャンスが少ない50代の婚活は、婚活サービスを利用して出会いのチャンスを増やすことが効率のよい方法といえます。
とはいえ50代が「婚活アプリ」「婚活サイト」などで婚活しても、満足のいく結果が出ないことが多いでしょう。婚活アプリや婚活サイトは登録者の年齢が若く、20代~30代の方が中心となるため、「年齢の条件」という壁が婚活を難しくしています。
そこで、50代の婚活を成功させるためには、結婚相談所がおすすめです。結婚相談所の中でも、仲人や専任のカウンセラーが居て的確なアドバイスやフォロー等のサポートを受けられる結婚相談所が最適です。

50代の婚活のポイントは?

1. 結婚歴を気にしないこと

50代になると、多くの人々は楽しいこと・辛いことなど様々な人生経験を積み重ねています。これらの経験を通じて学び、他人への気遣いや心配りを身につけたり、離婚経験から得た教訓を活かすことができる人は、大人として魅力的です。人間としての深みや包容力があり、婚活相手にとって信頼できると感じさせることができます。
そのため50代の婚活は、初婚に条件を絞るのではなく、素敵なパートナーと出会えるチャンスを広げられるため、50代で初婚同士ということにこだわらず、実際にやり取りをして相手の人間性を確認するほうが、婚活はスムーズに進むでしょう。

2. 価値観やフィーリングの一致を重視する

これからの人生を歩む相手には、外見や年齢、経済力など、様々な条件にこだわりたくなるかもしれません。結婚相手への希望条件を高くすればするほど、事実として出会える人数も限られ、良縁に恵まれる可能性も低くなってしまいます。
結婚相手探しでは、相手への希望条件を必要最低限に絞り、「価値観の一致」「フィーリングがあうかどうか」「一緒にいて疲れないか・楽しいか」「ありのままの自分でいられるか」を重視することが大切です。
早く結婚を決めたいからと言って、希望条件だけで相手を見て、価値観やフィーリングの一致を軽視してしまうと…、結婚した後に「思っていた結婚生活と違う」「相手に合わせて疲れる」ということになりかねません。
生涯のパートナーとして長く生活を共にする相手には「希望条件を満たす人」よりも、「価値観があう人」「一緒にいて安らげる人」を選ぶことが何よりも重要です。

3. 気負わず無理せず、婚活を進める

50代の婚活は「とにかく早く結婚相手を見つける!」と気負わないことが大切です。もちろん早い時点で結婚が決まるのは幸せなことですが、今からスピード婚を狙うことはありません。焦って婚活をするより心に余裕を持って「自分に本当にピッタリな相手をじっくり見極める」くらいの気持ちでいるのが良いでしょう。
また、婚活が長引くと「自分に価値はないのではないか」と思い、ネガティブな気持ちになるかもしれませんが、その人の条件に合わないだけであり、あなたの人間性に問題があるわけではないのです。
毎週のように婚活イベントやお見合いの予定を入れると、体力・精神的に疲れてしまうこともあります。毎週のように初対面の方に会うようなハードなスケジュールは組まず、日程に余裕を持たせることが大切です。婚活では、「婚活疲れ」を起こさないようにすることが特に重要です。
年齢を重ねてからの婚活は、長い目で見ることが必要な場合もあります。「できるだけ早く結婚する!」などと自分に負荷をかけず、さまざまな方との出会いを楽しむくらいの余裕を持って婚活することをお勧めします。

4. 出会いのチャンスを増やす

50代は自然に出会い、そのまま交際、結婚へと進むのはなかなか難しいです。
出会いのチャンスを増やすとは積極的にコミュニケーションする機会を1回でも増やすことです。
そのためには、希望条件にこだわりすぎないようにしましょう。条件にこだわりすぎると、会う前に関係が終わってしまいます。
会ってみたら「意外と合う」人に出会えるかもしれません。とにかく会ってみようという前向きな気持ちが大切です。
顔を知らない男性といきなりコミュニケーションを取るのは苦手。という50代の女性には伝統的な婚活の方法「お見合い」もおすすめです。現代では、結婚相談所で手軽にお見合いをセットすることが可能です。お相手探しから出会うまでの段取りはすべて結婚アドバイザーや仲人に任せてしまいましょう。

50代の婚活でよくある失敗

50代からの婚活は十分に可能ですが、中には失敗してしまう方もいらっしゃいます。そのような方たちに共通するポイントを確認してみましょう。もし自身に心当たりがある場合は、早めの改善が成功への鍵となります。

    共通する失敗ポイント

  • ひとまわり以上年下の相手を求める
  • ご自身を客観視できない
  • 結婚・再婚したい理由がぼやけている

ひとまわり以上年下の相手を求める

婚活において、50代の失敗の大きな原因は、相手をあまりにも年下に絞りすぎることです。例えば、50代の男性が「35歳以下の女性」を希望することはよく見られますが、これは現実的でない選択となりがちです。35歳以下の女性にとって、50代の男性が恋愛対象として魅力的なパートナーと見なされることは難しい場合があります。
同様に、50代の女性にとっても、多くの男性は子どもを儲けて家庭を築いてくれる女性を希望されるのが現実です。そのため「年上女性OK」としている年下男性であっても、年齢差が開きすぎていると実際には恋愛対象に入らない可能性も充分にあります。
年下の異性を求めることは一つの選択肢ですが、過度な年齢差が逆に婚活を難しくすることがあります。年齢差を考慮しつつ、年下だけでなく、同世代や少し上の世代にも注目することで、より有利な婚活が期待できます。プラスマイナス5歳程度の範囲で柔軟な考え方を持ち、相手の価値観や共通点を重視することが、良い結果につながるでしょう。

ご自身を客観視できない

50代の方は、皆さん多様な人生経験を積んでおり、それぞれに独自の考えや価値観をお持ちです。特に恋愛や結婚、相手との関係やコミュニケーションにおいて、自身の意見が強くなることがあります。人は年齢を重ねる毎に様々な経験や苦労を重ね、自分自身を理解し、信念を深めていくものと考えられます。これは自然な成長の過程なのですが、時には頑固さや他者の意見を受け入れ難くなることもあるかもしれません。
婚活においては、異性との関わり方や相手の考え方に対して柔軟でいることが重要です。年齢や経験を踏まえつつも、相手との出会いや交流を通じて新しい価値観を受け入れる余裕を持つことが成功の鍵となります。
50代からの婚活では、「自分の考えや価値感が少し偏りすぎていないかな?」という視点で、心の余裕を持ちながら、自分やお相手と向き合いながら活動することが重要です。そして何よりも、婚活の中で得た経験を、自分を磨く素材として積極的に活かしていただきたいと思います。
心に余裕がなく、経験を自分に活かそう!という意識がないと、せっかく婚活で得た多くの経験が十分に生かされない可能性があります。「経験や苦労をしても何事もなかったようにスルーしてしまう」「冷静に受け止められない」「人のアドバイスも耳に入ってこなかったり」といった課題になり、せっかく自分自身で経験したこと、自分のためにアドバイスいただいたことが無に帰す、もったいない状況です。
また、年収やキャリアが豊富な50代の方ほど、いつでも結婚できるだろうと自己過信しやすい傾向があります。たとえ収入が多くとも必ずしも結婚が成功するわけではありません。
ご自身を客観的に見つめ直し、年下の異性との結婚が難しいことを受け入れつつ、同世代や少し上の世代の異性とも交流できる心の余裕を持つことが、婚活において成功する大切な要素となります。また、相手に対して謙虚であることは成功の鍵です。上から目線ではなく、相手に対して謙虚かつ尊重の念を持ち、自分を大切にしながらも柔軟なコミュニケーションができることが、素晴らしい出会いにつながりやすくなります。

結婚・再婚したい理由がぼやけている

結婚や再婚を検討する際、なぜその決断をするのか、その理由がクリアでないことは課題です。単なる「結婚できればいいな」という漠然とした気持ちでは、理想のパートナー像や望む未来を具体的に描くことが難しく、良い出会いが難しい状況になりかねません。
なぜ結婚・再婚を望むのか、その理由をしっかりと整理することが重要です。自分が求める条件や大切にしたい価値観、共有したい生活のビジョンなどを明確にし、それがなぜ結婚・再婚が必要なのかを自覚することが大切です。漠然としていると、理想の相手や理想の未来が見えにくくなり、適切なパートナーとの出会いが難しくなります。
自分自身が結婚・再婚に対してどんな価値を求めているのかを具体的にイメージし、それをもとに婚活に臨むことで、より満足度の高い関係を築く可能性が高まります。

50代の婚活に「結婚相談所」が最適な理由

冒頭でもおすすめいたしましたが、50代の婚活に結婚相談所が最適な理由をお話しいたします。

    結婚相談所を利用するメリット

  • 身元が保証されていて結婚意欲が高い人と出会える
  • 日常の出会いより結婚までのスピードが早い
  • 希望の条件で相手を選べる
  • 婚活のプロからのアドバイスがもらえる
  • お断りの際は仲介して行える

効率的に相手探しができる

結婚相談所は、効率的に理想のパートナーを見つける手段として注目されています。婚活パーティーやマッチングアプリ・婚活サイトも多く存在しますが、その中で結婚相談所が優れている点があります。
婚活パーティーは自分が望む条件に合った企画がないことや、50代になると参加の年齢制限に引っかかることがあります。一方で、マッチングアプリや婚活サイトでは多くの人と出会えますが、相手に真剣な結婚意思があるかわからないことが課題です。相手の結婚への真剣度が不透明なまま活動やお付き合いを進めるのは、時間の浪費になりかねません。
結婚相談所では、ある程度の条件で絞り込んだ相手と直接会ってみるスタイルを採用しています。これにより、結婚願望が強い相手と迅速に出会うことが可能です。条件を共有した上での対面の機会が提供されるため、効率的かつ重要な条件をクリアした相手との出会いが期待できます。

身元が保証されている相手と出会える

結婚相談所では、登録時に独身証明書や住民票、卒業証明書などの提出が必要とされています。この厳格な手続きにより、既婚者や遊び目的の方の入会を防ぐとともに、プロフィールの信頼性を確保しています。一方で、他の婚活手段では自己申告が主流な中、公的書類に基づいたプロフィールは信頼性が高く、お互いの身元が明確です。
結婚相談所が提供するマッチングは、相手への希望条件を考慮した上で行われます。そのため、付き合い始めてから条件に不一致が生じるリスクが低く、将来のパートナーシップを築く上での不安要素が軽減されます。
プロフィールに嘘がなく、相手の身元がはっきりしていることから、結婚相談所では安心して活動ができます。信頼性のあるサポート体制と検証された情報により、本物の婚活が展開できる環境を提供しています。

仲人(カウンセラー)のサポートがある

結婚相談所は、出会いのマッチングや婚活のサポートを専門の仲人(カウンセラー)に委ねることができるのが大きな特長です。特に50代は仕事や私生活が忙しく、婚活に充てる時間が限られていることが一般的ですが、結婚相談所では仲人が様々なサポートを提供します。
仲人(カウンセラー)はお見合いの日程や場所の調整を行ってくれるだけでなく、これまでの実績を基に相性の良いカップルを引き合わせるノウハウを持っています。仲人の提案には多くの成功事例があり、自分の好みとは異なる相手でも、新たな可能性を見出すことができるかもしれません。
お見合い後の交際や成婚まで、仲人は会員に寄り添いながら適切なアドバイスを行います。相手の気持ちや状況が分からなくなった際にも、仲人を通じて的確なサポートが受けられます。これは他の婚活方法では得難いプロのサポート体制であり、心強い存在となります。

まとめ

どんなタイミングであっても、前向きで明るい心を持ち、人生を楽しむことが重要です。50代は人生の旅路においてまだまだ途中であり、これからも新たな出会いや喜びが待っています。理想のパートナーが隣にいることで、人生の後半をより楽しく明るく歩むことができるでしょう。
ただし、婚活が思うように進まないときに、気を落とさないよう心がけましょう。ネガティブな感情が心を覆うと、行動も後ろ向きになり、負のスパイラルに陥る可能性があります。反省は大事ですが、次の婚活に活かすことが大切です。ポジティブな気持ちで婚活に取り組むことで、自然な形で良い縁が舞い込んでくることもあります。
前向きで明るい姿勢を保ちながら婚活を続けることで、あなたの隣に理想のパートナーが現れる日がぐっと近づくことでしょう。自分を大切にし、ポジティブなエネルギーを大切にすることで、新たな幸せな章が始まることを期待しましょう。

無料相談を行っておりますので、お気軽にご連絡ください。

このページの先頭へ戻る